--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.16

作者追いかけ

 忘れていたこれ。買いました。



 新週刊マンガ日本史「服部半蔵」。マンガは薮口黒子。

 薮口黒子といえばライバルでの新連載も始まっていますが、なんか、こう、まあ……物足りないですの。やはり。流血とか隠匿された謎とかを伴うダークな部分が無いと。うむ。

 で、ダーク分補給というわけでもないですが、買ってきてみたと。
 先入観で、あまりこのシリーズには好感を持っていなかったのですが。

 フルカラーマンガが24ページ。大判でこれだけのボリュームで読めるのは、ファン冥利に尽きまする。しかし作家さんには大変そうね。
 内容はいつもの薮口節が存分に出ていて、楽しめました。なんという男くささ。それでいて乙女的ときめきもきっちり内包。

 490えん。値段相応、よいものではないでせうか。本棚に納めにくいのは、まあ、ご愛敬で。
 しかし、あまぞんさんに見に行ったら、品切で中古プレミア価格になってるとか……震災直後の号だからか。なんだかなあ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1403-86b55c26
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
「服部半蔵」、よくまとめたなぁと思います。
しかも、忍者として描いていないのが、また好いですよね。
現在発売中のジャンプSQの付録にも、薮口先生の漫画が載ってます。
「ニーナとうさぎと魔法の戦車」(前編)です。
世界観や設定を存じませんでしたが、面白く読めましたよ。
Posted by 靉霧(あいむ) at 2011.05.01 14:59 | 編集
そうそう、忍者忍者したマンガになっているかと思っていたので、だいぶ意表を突かれました。
男くささはやっぱり流石で、そこにはときめきまくりましたが!

ジャンプSQ、ラノベ原作の女の子いっぱいものだしどうしようかなぁと思っていたんですが、買ってきました。
絵柄の使い分けが凄い……そして、予想以上に面白かったです。
とにかく軒猿に繋げるためにも、いろいろ、順調だと良いですよね。
Posted by ちき at 2011.05.03 00:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。