--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.27

続きがキニナール

 お品書き:「シュトヘル(4)」「刻刻(4)」「テルマエ・ロマエ(3)」

 あんしんクオリティのラインナップでございます。


シュトヘル(4):楽天ブックス
 スドーがいい奴すぎて生きるのが辛くなるレベルなんですがどうしたらいいですか皆さん。わたくしはうっかり1巻と3巻(のスドーの出ている場面)をまじまじと読み返してしまいましたよ。ああ、いいなあ。いいよなあ。近年稀に見るいい主人公カリスマ持ったキャラだよなあ。
 この巻、ヴェロニカ関連のエピソードがだいぶしんどかったですが、巻末の四コマで癒されまくって、ニヨニヨと本を置けたのが素晴らしい。狙ったバランスなのかしら。どうなのかしら。
 いずれにせよ、大切にしたくなる一冊であります。


刻刻(4):楽天ブックス
 相変わらずの緊張感。とりあえず前巻ヒキがだいぶ気になっていたので、読めてほっと一安心。狭い世界で、限られた登場人物で(しかもどんどん退場する)閉塞感なく、しかし馴れ合いに陥ることもなく、人物関係と話を広げていく。面白うございます。
 しかし、樹里のエプロンからのお着替えは、嬉しいような残念なような。


テルマエ・ロマエ(3):楽天ブックス
 出オチ感の強い作品ですが、目先を変えたり趣向を変えたり、飽きさせずに続けているのが凄いと思います。で、今回は長編になって、シリアスなバックストーリーもだいぶ絡んで来たりして。ただ、個人的には、もっと気楽に読んでいたかったなあと。
 しかし映画化ってなあ。どうなのかなあ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1412-c2ef0b86
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。