--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.18

であいさがしです

 お品書き:「木村くんは男友だち」「正義の禄号(1)」「レンアイ漫画家(1)」

 単巻と、1巻。出会い探しという意味では、等価。でもその後のおつきあいにつながるかどうか、という。うーん良く分からない。


木村くんは男友だち:楽天ブックス
 ふうぉおお面白かった。結婚前から男友だち、結婚しても男友だち。でも、実のところ、とんびに油揚げ状態だったりしたとか。うーんなんという女性に優しいドリーム。しかも旦那がまた優しくて可愛くて素敵に素晴らしいなんて。
 でも、一歩間違えばがさつにも見えそうなくらいサバサバしたヒロインもまた好感度が高いので、結果、みんないい人。なのに、みんな少しずつ気持ちのすれ違いがあって、でも、ほんのちょっとの苦甘さだけを残して、やはり日常という光の中へ戻っていく。さらりと描かれているのに、さっぱりしているのに、切ないのに、でも爽やか。いいねえ。いいよ。


正義の禄号(1):楽天ブックス
 引きこもっていた男の子が、なんかヒーローに変身して、ヘタレつつも正義の味方をやります。という、とっても王道な少年マンガ。ただ、その変身に至るマクガフィンを与えるのが、屈折した思いを抱いている兄、というあたりがちょっと目新しい。
 1巻を読んだ限りでは、基本的にコミカルなタッチを保ちつつ、時にシリアスもやれる感じだけれど、どっちかに大きく舵を切った方が、読み手は惑わないで済むような気がする。個人的にはもちろんシリアス~にやって欲しいですが、時代は求めてない……んだろうな。


レンアイ漫画家(1):楽天ブックス
 毎回毎回、作品がドラマ化される漫画家の作品って、開始直後から「あ、ドラマ化するんですね……」と思えるものになっちゃうものなんでしょうか。それとも、企画ありきなんでしょうか。
 マンガとして読むには、小道具やエピソードの立て方が強引&都合良すぎて、どこにも感情移入の場所がなく、しんどかった。唯一気になったのは引き取られた子どもなんだけれど、ここまで作中でも「道具」扱いされてると、どうにもこうにも。
 あ、ドラマになったら面白いんじゃないでしょうか。と思いますよ、はい。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1433-547299f3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。