--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.21

少年の心といふやつ

 お品書き:「サムライ・ラガッツィ(2)」「ダイヤのA(26)」「さんかれあ(3)」

 少年マンガの続巻たち。


サムライ・ラガッツィ(2):楽天ブックス
 ちょっと遅れて2巻読み読み。うう、面白くてつらい。打ち切りになりませんように、とか不吉なことを考えてしまう自分が辛い。
 それにしても桃十郎の格好良さは歪みないよー。そして決めるところは決める主人公、と、素敵主従に萌え燃えする。もっともっと、いつまでも、萌え燃えさせてクダサイ。
 しかし、世界を股にかける冒険譚になるのかと思ったら、全然場所移動しなくなってしまった。この先、どういう方向性で進めていくんだろう。


ダイヤのA(26):楽天ブックス
 先輩かっこいいよ先輩。……で、いいんだろうか。
 現状、新チーム立ち上げ中という展開なわけだけれど、先輩たちが出てくると楽しさが違うんだよね。まあ、チーム&作品と同様に、読者もまた、先輩離れしていかなくてはならないし、そのための通過儀礼になるのかなあ。
 でもって、そろそろタイトルコール的なエピソードも欲しいと思う。


さんかれあ(3):楽天ブックス
 だいぶ遅れて3巻読み読み。おにゃのこの新キャラが出てどたばたがワンランク上がって、なんだか苦手な方向に行っちゃったかな……と思ったら、ちゃんとストーリー上のフックになっていた。おお。
 世の中にゾンビラブコメは多々あれど、正攻法で、真正面から物語に組み込んでいるこの作品は、ちょっと応援しています。はい。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1436-91c687d2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。