--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.24

えんじょーい

 お品書き:「老人と宇宙」「デュラララ!!×8」「新米女神の勇者たち(11)」

 スペースオペラ。ライトノベル。リプレイ。だって好きなんだものいいじゃない。


老人と宇宙:楽天ブックス
 75歳を過ぎたら、宇宙に出て軍人になろう。なんと若返ることも出来ちゃいます。という、まずこれは基本設定の勝利。あと邦題タイトルあざとすぎだけど、うっかり笑えてしまう。
 いわゆるひとつの「僕と契約して軍人になってよ」なお話。軍隊で出世をしつつ、友人との出会いと別れも挟みつつ、後半になって判明する隠された事実やロマンスもあり。全体に物語そのものはとてもストレートで、痛快娯楽活劇、といった趣。この手のスペオペ好きなら、たいへん美味しくいただける一冊であります。


デュラララ!!×8:楽天ブックス
 だらだらと読み進めてきましたが、そろそろ追いつきそう。
 8巻、面白うございました。なんだか久々にお話として楽しめたぞ、と。
 しかし、8冊使ってやっとこの展開まで来たというのは、いやなんというか最近読みつけていないせいか……ラノベって贅沢だよねぇ。しかも次の巻から個別にスポットを当てていくとか言われると、なんだかもう。
 あと、とりあえず誰でもいいから臨也を殴るとか刺すとか(あっこれは既に)やってくれないものか。


新米女神の勇者たち(11):楽天ブックス
 完結してしまった。
 ソード・ワールド。初代はプレイ経験があるけれど、2.0はシステムも知らない中、ここまで追いかけて読むことが出来たのは、やはり著者の筆力。そして、キャラクターも基本的に善人であるところが馴染みやすく、楽しかった。個人的にはぽんこつルーンフォークのメッシュが気に入りでありました。主従コンビ好き好き。
 もういっそジークが神になるまでやっちゃっても良かったのになー。と、一抹の淋しさを抱きつつ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1439-57fb06ea
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。