--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.25

単巻・1巻・シリーズもの

 お品書き:「夢幻紳士(回帰篇)」「レッドポイント(1)」「ふるふる」

 脈絡は無く、とりとめも無く。


夢幻紳士(回帰篇):楽天ブックス
 なぜ回帰編なのかというに、かつて描かれた「夢幻紳士・怪奇編」からエピソードを選り出してリメイクしたものだから、という。もともと怪奇編は大好きだったので、懐かしく、かつ新鮮に、楽しんで読みました。
 旧作をそのままリファインしたエピソードもあれば、再構築して読後感がだいぶ異なるものになったエピソードもあり。そしてプロローグとエピローグで綺麗にまとめて。
 それにつけても魔実也さんは格好良すぎる。美しすぎる。眼福です。


レッドポイント(1):楽天ブックス
 以前に読んだ「IS―男でも女でもない性」は結構面白かったので、新しい連載もチェックを。今度は施設で暮らす少年少女が主人公、と、またどうも湿っぽい話になりそうな……。クライミングという要素を入れて、スポーツ青春ものへの道をつけているのは、ちょっと面白げではあるんだけれど。
 でもヒロインに男の子ふたりが付いてるのは、ちょっとだいぶ浪漫。


ふるふる:楽天ブックス
 久々に読んだ木原敏江。でもかつての独特な台詞回し、今は殆ど使ってないのね。残念。主人公は男二人に霊の女性一人、というキャラクター配置で、なんだか徹底的に女性読者に優しいつくり……あとがきを読むと、若干「摩利と新吾」を意識していたようだし。読み切りシリーズとして、いくつか伏線を張ってあったのが(おそらく掲載誌の休刊によって)回収されずに終わってしまっているのは残念。とりあえず坊さんキャラ萌え的には押さえるべき一冊、かしら。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1440-e6f99503
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。