--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.01

映画「コクリコ坂から」

 試写会の招待状を入手したので、行ってきました。



 結構な規模で試写会をやってたような。
 クチコミ効果に期待ですか? 期待なんですか?

 この作品、実はわたくし、原作を雑誌(「なかよし」)リアルタイムで読んだ記憶がありまして。
 なにしろ地味な話だし、あまり記憶に残ってはいないんですが、ヒロインの名前と母親の名前だけは、なぜか強烈に覚えておりました。

 あと、ヒロインの愛称がなぜ「メル」なのかも、覚えておりました覚えておりましたとも。多分、メーテルとの相乗効果だと思いますが。あと国語の授業でやった三好達治。

 ジブリアニメなので、どうせ原作は跡形もなかろう。というわけで、特に記憶を掘り起こしたり、原作に目を通すことはせずに、だらりと観に行きました。

 えー、まあ、感想は、割愛したほうがいいのかしら……? という……?

 途中まで、どうしようかと思って観てました。ほんとどうしようかと思った。
 後ろの席では子どもが騒ぎだし、前の席ではカポーがいちゃいちゃし。

 全体にとにかく説明不足のまま物語が進行していくので(ヒロインの愛称がなぜメルなのか、の説明すら無い)それでも画面を見ているだけで、アニメがアニメーションしているだけで楽しめるのがジブリアニメの真骨頂なわけなんですが、どうも……その……ね?(なにが)

 とか言いつつ、面白いと思えるシーンはいくつかあったし、楽しいと思えるシーンもいくつかありました。
 主人公の少年少女が基本的にいい子で、思い返せば作中、ほぼ善人しか出てこないあたりも、作品を口当たりの良いものにしていると思います。
 社長さんはオトコマエじゃった。
 学生がうじゃうじゃ動いている場面は盛り上がった。

 試写会ですから。文句を言う筋合いでも。

 ……でも、ひとつだけ、ジブリアニメにお願いだ。
 今後は、話題づくり俳優起用バージョンの他に、副音声で、アニメ声優起用バージョンを作ってくれないか。なあ。お願いだから。頼むから。なあ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1469-f7f86a6d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。