--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.30

1巻ずずず

 お品書き:「骸シャンデリア(1)」「+C sword and cornett(1)」「ライトノベル(1)」

 アニメ見てマンガ読んでアニメ見てごはん食べておやつ食べてアニメ見て、そんな自堕落生活の7月が、終わる。とりあえず今回もあっさりさっくりとメモ。


骸シャンデリア(1) (KC×ARIA)
 ネクロマンサーと食人鬼の主従+厘のミキ、という、もうそれだけでグロ覚悟完了ですよ。ええ。絵的にも、精神的にも。しかしARIA創刊当時はぶっちゃけ一、二を争う「ちゃんと読めるマンガ」だったので、アンケートの成績は良かったようだ……。
 いつもの少女誌バージョンな厘のミキと思って読んで差し支えないと思うです。微妙にBL風に見えなくもないけれど、性欲より食欲だし。うむ。あ、裏表紙のデフォルメキャラが妙に可愛いので、必見かもしれません。


+C sword and cornett(1)(IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
 綺麗で達者な絵のファンタジー。不遇な生まれ&環境の王子様が主人公で、実に王道な貴種流離譚になるのかなあという。しかし、意外と中身はヘビーというか、いつどのキャラが死んだり裏切ったりするか、予断を許さない感。落ち着いて感情を預けるキャラがおらず、なんというか胃がキリキリ。
 そんな中で分隊長さんは良いキャラでした。ふつーの人がふつーで居られるファンタジーは好きだ。


ライトノベル(1) (KCx)
 ライトノベル作家が己の作品を絡め取られ、虚と実をないまぜとした事件に巻き込まれる、と。面白いし引き込まれる展開なんだけれど、如何せん全体のトーンが暗くて。あと、ちゃんと完結するのかな、完結までどれくらいかかるのかな、とか余計なことを考えてしまったり。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1499-9535b9c0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。