--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.28

サンライズフェスティバル2011夏嵐-『機動戦士ガンダムF91』

 寄せ書きサイン、だいぶ増えてたー。
 というか、もう終盤戦なんだな、考えてみれば。



 サンライズフェスティバル三回目。
 初見の『機動戦士ガンダム F91』行って来ました。



 フィギュアーツコーナーも地味に入れ替え。クーガー居ましたよクーガー。スクライド全話視聴後だと、ああああ兄貴いいぃ! と駆け寄りたくなるぅー。

 ともあれ、F91。
 劇場公開版ということで、なんですか。現在ソフト化されているものよりも短いんですか。サンフェスの素材の選び方が、どうも良く分からない。タイバニもリテイクの入ったBD版ではなく、アイキャッチロゴの入ったTV素材だったし。聞くところによるとスクライドもサウンドリニュではない旧版素材だったそうだし。
 うーんうーん。

 ま、こまけぇこたいいんだよ!

 閑話休題。
 私の場合、F91の知識が完全にゼロの状態で、先に長谷川裕一の『クロスボーン・ガンダム』を読んでしまっていたというだいぶ邪道な入り方なんですが、逆にその補正があって、気楽に見ることが出来たように思います。
 ガンダムのくせに主人公&主人公の親が常識人だ、とか、ガンダムのくせにモビルスーツに乗ったヒロインがまともな精神を保つ、とか、なんかこう爽やか度の高い。いや序盤の襲撃シーンはだいぶしんどくて、はらはら見ましたけれど。
 しかし、中盤のすごい展開の早さには、なかなかついていくのが大変でした。そういうものと知っていないと、あれっあれっなんかいま飛ばした? 見逃しor聞き逃した? と思ってしまう箇所のオンパレード。というか、バックボーンに敷かれている設定&エピソードの量と、映像から受け取れる情報量にかなりの落差があって、TVシリーズの総集編のようですよ……。

 でも、そういうものなんだと知った上で観ていけば、さほど困ることも無かったです。はい。
 終盤の盛り上がりはなかなかに美しかったし、感動でした。物語的に半端なところで語り止めてしまった感は確かにあるけれど、これはこれで綺麗に終わっているので、まあいっかーと。

 というか続編として『クロスボーン・ガンダム』の映像化を是非ですね。あれをまっとうに作れば、大人も子どもも取り込める、それでいて正統派のガンダムとして、今の時代にもちゃんと受け入れられるような気がするんですが。
 ……同時に正統派の「長谷川裕一作品」にもなっちゃいますけれどもっもっ。

◆amazon link

機動戦士ガンダムF91 [Blu-ray]
 ブルーレイで見てどんなものなのかな。元が古いしなあ。そして、もう一声お安くてもいいんじゃないかしら……? amazon価格で一応5000円切ってはいるけれど、定価4,980円くらいでも罰は当たらないと思うの。

 そうそう、この日は毎度おなじみアニメイト池袋本店とかにも行ったのでした。
 予約していたタイバニのキャラソンを引き取るために。



 タナトスの声が聞こえるかいコーナー。違うって。
 圧巻でございました。どうでもいいけど、ほんとにどうでもいいけど、隣の特設コーナーはうたプリ。



 任務かんりょうー。下に敷いてあるのは特典のミニクリアファイル。いやこれ貰ってもどうにもならないんですが使えるわけでもなし(サイズがA5だしそれ以前にこの絵柄をどうしろといい大人が)、でもやっぱり特典は無いより有るほうが嬉しいよね、と、まんまと思惑に乗せられてヲタショップで予約しちゃうわけですよ、ええ。
 アニメイトにもだいぶグッズが揃ってきていたので、とりあえずシャープペンシルだけ購入。キャラの顔とかがついていないシンプルなものなので、これは普通に使えるぞ。630えん。お高いですが、まあ、チャームだけばらして使えば。
 実際、外して、携帯ストラップにくっつけています今。

 タイバニグッズも凄い勢いで増えてきているので、ある程度吟味しなくては。つーか一番くじってまじですか。破産ですか。無職なのに。どうすればいいの。たすけてルナせんせい!

◆amazon link

正義の声が聞こえるかい
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1529-e939ec78
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。