--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.25

3システム3冊

 アリアンロッド、ダブルクロス、ソード・ワールド。
 めりはりついててたいへんよろしいです。


ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・カオスガーデン 楽園のイヴ (富士見ドラゴン・ブック)
 藤浪智之というと、いまだにモンスターメーカーRPGのリプレイを思い出すのです。大好きでした。ほのぼの系のRPG関連といったらこの人だなぁという。ウィッチクエスト、一回くらいやってみたかった。
 で、ダブルクロスだけれど、動物キャラがPCとなる特殊ステージを使用したリプレイということで、納得。いつものロイスやタイタスの葛藤というダブクロの定番を踏まえつつ、動物キャラの可愛さ天然さで、やっぱりどこかほのぼの和んでしまう。お得お得。話も優しい雰囲気、文章は鉄板、高品質の佳作リプレイ。藤井忍嬢のPC1との相性も、凄く良いんじゃないかしら。シリーズ化、もしくは、また何らかのシステムで、コンスタントにリプレイ書いてくれないかな。


アリアンロッド・サガ・リプレイ(7) 終末のエンプレス (富士見ドラゴン・ブック)
 群雄割拠の軍記物という当初の路線はほぼ完結して、よりファンタジーらしい、英雄物語らしい方向へとシフトしていくのかな。いつものきくたけになっちゃうだけだとちょいと勿体無い、と思ったけれど、ここまで積み上げたものがあると、世界の層の厚みが違う。それを前面に押し出して演出したのが、各シリーズのGMに、シーンを任せちゃうという手法。こりゃおいしい。ので、どうせならもう少しページとシーンを割いて欲しかった。
 ラストが完全に続きものになっちゃってるので、次を早くー。というきもちですとりあえず。


ソード・ワールド2.0リプレイ Sweets(1) わがまま魔剣はままならない! (富士見ドラゴン・ブック)
 ひさしぶりの藤澤さなえリプレイ。いや「たのだん」はあったけど、あれは読めなかった1巻は読んだけど口から砂糖ざらざら吐いて読めなかった……。で、少しニュートラルな方向に振れ戻して、GM視点でのリプレイ。しかし帯の「小悪魔GMの愛されリプレイ」ってネタにしてもあんまりな気が……。1巻を読んだ時点では、可もなく不可もなく。だけど、SNEのリプレイはだいたい2~3冊読まないとキャラが立ってこないので、まあ、のんびりと。一応2巻も読んでみますよ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1550-281623ef
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。