--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.13

文庫整理

 それなりにがつがつと読んでいく今月。
 と言っても、大したことないよね。無職だし。うん。

◆amazon link
 
名前探しの放課後(上) (講談社文庫)
名前探しの放課後(下) (講談社文庫)
 長らく積んでいた本。辻村深月の書く小説は、基本的に饒舌であればあるほど面白い。ような気がする。長すぎると言われるのも分かるし、実際読んでいて「なげーよ!」と思うことも多々あるのだけれど、それでも、コンパクトにまとめたものより、長いものの方が個人的に当たり率が高い。あと、主人公は高校生ね。必須。
 なぜか逆行した時間の中、自殺したクラスメイトを探し出す……というと、SFサスペンスミステリ風味っぽく聞こえるけれど、実のところ青春小説としての色合いが一番濃く、また、恋愛小説でもある。登場する高校生がみな頭が良すぎるのはいつもどおり、ただ、メインの主人公に、若干ちゃらんぽらん属性をつけてあるのが上手いなぁと。
 どんでん返しは秀逸であり、後味も爽やかで、長い上下巻を読み切ってのカタルシスはある。あるんだけれど、でも、腑に落ちなかったり、なにがしかの嫌らしさを感じる人も確実に居るだろうな。それと、「ぼくのメジャースプーン」を先に読んでいないと、まず納得が行かない(あるいは読んでいても納得が行かないかもしれない)というのは、どうなの。と。
 面白いことは確かなんだけど、若干変化球すぎて、万人受けとはなっていない感。もったいない。

◆amazon link

不発弾 (講談社文庫)
 久しぶりに読んだ乃南アサ。長編だととにかく暗いというか、女の女くさいところをホレホレと押し出される感じがして、どうも辛かったりするんだけれど、短編集でのキレの良さはさすが。
 ホラー仕立てであったり、ミステリであったり、一般小説らしくオチ無しで雰囲気を残すものであったり、様々なテイストで彩られているけれど、基本的にすべてが「日常生活の背中合わせにある断崖」といった趣で、読んでいてぞくぞくする。怖い怖い。でも、ハートウォーミングな話も織り交ぜてあるあたり、短編集としての構成がなかなか。
 収録作品では本気で怖かった「かくし味」と、情緒ある「福の神」が気に入りました。短編集って良いものだよね、と再確認させてくれる一冊。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1565-4a4cc2ae
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。