--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.01

俺の屍を越えてゆけ #2

 クリアしました。

 序盤のするするっとしたテンポの良さが、中盤から怪しくなり、そこでしっかり→あっさりにモードを切り替えました。
 それでも、終盤は面倒な場面が多くて。
 雑魚戦闘で敵が5体くらい出てきて、1体ずつ術使ってくるって、どうなんだよー。イエローソウルの先制なんていう懐かしいものを思い出しちゃったよー。あれは伝説級だけど。そのへん、やっぱり、古いRPGだよなあっていう。

 ともあれ、面白かった……です。はい。
 基本のゲームシステムはやはり名作だなぁと思わせられるもの。
 イツ花のコマンドごとに添えられた絵が鬱陶しかったり、交神の儀や死亡時のテロップがスキップできないとか、ストレスを溜めるだけのダンジョンの仕掛けとか、プレイ中はけっこう不満に思う場面もありましたが、一族に新しい子を迎える時、新人を育てる時、試合に出る時等々のわくわくどきどき楽しさは、得難いものであり。
 家系図とか、一族の歴史を眺めるのは、実に幸せな時間であります。

 しかし裏京都はパス。
 それと、続編にも手を出さないと思います。

 なんでかな。よくわからないけど。

◆amazon link

俺の屍を越えてゆけ (通常版)
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1601-d45e474b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。