--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.08

ミステリりりり

 チェックチェック。

◆amazon link

消失グラデーション
 横溝正史ミステリ大賞受賞作ですって。高校のバスケ部を舞台として、女子生徒の消失事件と、絡まりあう人間関係を描いた、青春ミステリの系譜に連なる印象の作品。
 ラスト近く、錯綜する秘密が次々に明らかになっていくのは、驚いた……けれど、正直、あまり好みではない展開だったので、がっかりもした。せっかく冒頭を乗り越えて、序盤で好感度マイナスからスタートする主人公はじめ登場人物に感情移入できた、と思ったら、いろいろと引っくり返されるし。
 感情移入にこだわる読み方をしてしまう私のスタンスにも問題はありますが、青春ミステリはやはり思い入れてなんぼだと思うの。個人的に。
 とか言ってますが、話じたいは面白かったです。すっかり騙されてしまったので、騙されたがゆえの苛立ち、とも思える。肝心の消失の謎についても、若干強引さは感じるけれど、丁寧に織り上げられていました。
 どうでもいいけどヒカル君の声が脳内で石田彰でしか再生されない。困ったもんだ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1608-e5d0a917
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。