--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.21

ミステリなミステリ

 積読に手をのばしのばし。

◆amazon link

エコール・ド・パリ殺人事件 レザルティスト・モウディ (講談社文庫)
 以前読んだ「ジークフリートの剣」がいまひとつ好きになれなかったので、わりと警戒しつつ読んだのだけれど、これは読みやすさも納得度も数段上でした。ってかシリーズ第一作、旧作なんだけど。
 ステロタイプというより戯画的に描かれた登場人物には、若干辟易する部分もありましたが(こんな警部が居たら嫌すぎる)まあ読み流すしかない、という感じで読み流せば。
 いずれにせよ、ちょっと文章のノリが合わない部分があるのは確かなのですが。ジークフリートの時は舞台が外国だから無かったんだな……登場人物が「ガーン!」とか言ったり、引用される美術評論書という設定の本の文章で「オタク的」なんて言葉が普通に使われていたり。
 本格ミステリというか、パズラーとして読むには、たいへん楽しい一冊でした。読者への挑戦状もしっかりと入っていて、ニヤリ。すいません一秒も考えずにページをめくっちゃってすいません。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1621-8289b9fe
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。