--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.10

行き帰りに

 電車に乗る時間が増えたので、それなりに読書が進められないかなあと願っているわけです。

◆amazon link

二流小説家 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
 ミステリ関係の賞レースにおいて、海外部門では必ず上がっていたタイトル。えろ雑誌のライターやゴーストライター、はたまた二流のジャンル小説(ジャンル小説そのものを二流扱いしているあたりが微妙にいけすかないんですが)を多くのペンネームを使い分けては書き散らし、生計を立てている主人公が、シリアルキラーな死刑囚の告白本を書くチャンスに恵まれ、しかしそれを引き金に新たなる事件が巻き起こり……という。
 ブラックというかシニカルなユーモアがだいぶ前面に出ていて、その情けないようで実は洒脱な雰囲気を楽しむのが第一、かもしれない。
 いやミステリとしても伏線の張り方やらラストの何段構えもの展開やら面白うございましたが、現在進行形の事件が起こるのがなにしろ中盤からだし。主人公が書いたという設定の小説の一部分が(特に意味も、示唆するものも無く)わりとしつこくだらだらと差し挟まれるし。
 ただ、単純にユーモアミステリと呼ぶには、若干、エログロの描写も多すぎる気がしますが。
 この読み味を楽しめたら、とても気に入るのではないでしょうか。はい。個人的には、あまり好みではありませんでした。すみません。なんかすみません。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1640-13984857
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。