--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.16

わだいさく

 話題の本には、話題になるだけの何かがあるのですよ。実際。
 あと直木賞候補作をぼちぼちと読んだり。そんな日々。電車の中で読む読む。

◆amazon link

しらない町
 各所でプッシュされているのをしばしば見かけていた本。読めばなるほど納得の面白さでした。
 孤独死した老人の残した8ミリフィルム、そこに映っていた女性の面影を追って、老人の過去へと分け入っていく、映画監督志望の青年……と、この道具立てだけで面白そう、で、実際面白い。
 乱歩賞から出た作者だけれど、ミステリというよりは一般小説寄り、でも謎の部分もあって、叙情サスペンスというかなんというか。可愛らしい表紙のままに(ちょっと嘘ついてるイラストだけど)良い雰囲気の一冊でした。

◆amazon link

城を噛ませた男
 直木賞候補作ということで、初めて読む伊東潤。渋い渋い時代小説、というより歴史小説と呼ぶべきかも、いやいや戦国ものというひとくくり?
 戦国時代を舞台とした短編集。個々の話に繋がりは無いけれど、時代と舞台が近しいので、まとまりのよい一冊。息詰まる合戦シーンも多々あるのに、どうしても渋いという印象が先に立つ不思議。でも、ひとつひとつ、ずっしりと読み応えがありました。個人的には「鯨のくる城」が好みかな。収録作品の中でも、ことに後味の良いもので。多分、それゆえに。うむ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1644-53b6063f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。