--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.17

ざくざく

 通勤時間が長くなったぶん、電車内での読書率を上げる計画、わりと順調です。

◆amazon link

あの日にかえりたい
 乾ルカ、好きです。最初に読んだ「メグル」が凄く好みだったので「好き作家」としてインプットされてしまった。でも、なぜか未読だったのが、直木賞候補であったこの作品。なんとなくタイミングを逃していたというだけですが。
 連作短編集で、いずれも、時間を越えてすこし・ふしぎなことが起こる、という内容。と云うと、ほのぼのした良い話っぽそうに思えるけれど、基本的には登場人物の抱える後悔の気持ちが軸になっていて、しかもほぼすべてが生と死に関わるものなので、読み終えてうきうき気分というわけにはいかないというか。振り返るに、冒頭の話も多分、あの人があれで、ああなるのだろうし。ううむ。
 このへんが、まあ、乾ルカの持ち味であり、個性なんだろうな。基本的に、苦い。喪失する物語である、ということ。精神状態によってはだいぶ危険かも。いや面白うございましたが、しんどくもあり。
 二番目に収録された「翔る少年」がだいぶ辛かったです。題材的な意味で。冒頭に地震の描写がある、それだけで、どきっとする。まだまだ、引きずってる。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1645-77fced73
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。