--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.19

MOOK『ファイ・ブレイン 公式スターターBOOK』

 アニメ本編の楽しさと、BD3巻ジャケのギャモンイラストに、そこはかとなく気持ちが盛り上がり、購入してみました。
 前から少し気になってはいたのですが、内容がどうなのかなー、スターターBOOKって薄っぺらそうだなー、と思い。

 しかし、思ったよりもだいぶ読んだ気のする、良MOOK本でしたよ。

 内容は、まず最初に、描きおろし表紙(裏表紙と続いた絵になっていて、ルークとビショップが居ます)のピンナップが挟み込まれていて、お得感ありあり。
 前半にはメインキャラクター紹介と、キャストインタビュー。

 カイト@浅沼晋太郎さんとノノハ@清水香里さんについては対談形式で収録されていることは知っていましたが、他の主要登場人物については、こんな感じで紹介ページ内にミニインタビューが。



 ちなみに、ひとりひとりに、監督の佐藤順一氏とキャラクターデザイナーの佐々木洋平氏のコメントつき。カイト・ノノハ・ルークのページにはパズルもついていたりして。

 あとは学園Q&Aに、フルカラーのコミック掲載(√学園編4ページ、POG編3ページでほのぼの&ギャグ、作者は御巫史さん)、第5話までの各話紹介(これも監督の見どころ解説コメントつき)、サブキャラのざっくりとした紹介と設定を少し。

 後半はスタッフインタビューが主。監督・佐藤順一、ディレクター・遠藤広隆、シリーズ構成・関島眞頼、キャラクターデザイン・佐々木洋平、パズルデザイン・郷内邦義、と、そうそうたるメンバー。内容も、作品成立の過程や企画からの流れなど、だいぶ濃いというかアニメファン向けのもので、読み応えがありました。
 パズルデザインの郷内氏が、シナリオ会議にも参加しているとか、なかなか興味深い話も。
 わたくし、こういう作り手側のエピソードやらを読むのが大好きなもので、たいへん面白く読めましたです。

 ラストには、おまけ程度に設定資料集、背景美術集なども。美術にけっこう力が入っているんだな、と、ここで初めて気がついたりもしました。

 読み物としては、とても満足度の高い一冊であります。ビジュアルムックとしては、やはり序盤に発売されただけあって、ちょっと物足りない感じはしますが、ピンナップは嬉しいし、コミックはなかなか美麗でありましたよ。
 お値段もお手頃(税込980円)だし、ファイブレ好きであればかなりおすすめの本です。はい。

◆amazon link

ファイ・ブレイン 公式スターターBOOK: アニメ「ファイ・ブレイン」公式解説本! (生活シリーズ)
 わりとレビューも高評価であります。二期というか第2シリーズというか3クール目が始まる前に、続編としてもう一冊出してくれないかなあ。6話以降の解説と、設定資料増量、スタッフ座談会か何かも入れて。ぜひ。ぜひぜひ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1646-642a8bb5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。