--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.29

候補作品

 受賞には至らなくても。

◆amazon link

ラブレス
 直木賞候補作品の読破作戦、受賞作が決定してのちも続行中。まあ、のんびりとね。
 タイトルと装丁のイメージで、なんとなく敬遠していたこの作品。作者も女性だし、ドロドロの恋愛小説か何かだと思うじゃないですか。ですか。
 しかし読んでみて、良い意味で裏切られました。女性の一代記(三世代にまたがっていますが、主となるのは一人なので)であり、確かに恋愛を主軸に据えた物語ではあるのだけれど、もっと奥底にある人生への諦念、あるいは賛歌めいたものを感じさせてくれる。ってまるっきり逆かなこれ。でもほんと。
 過剰な悲愴感を取っ払って、代わりに成功することもない「おしん」……と言ったら語弊あるけれど。そんな印象。はい。しんどいところもありますが、絶対にラストまで読みたい、読むべき物語。でした。

◆amazon link

これはペンです
 芥川賞受賞記念ということで、ひとつ。
 本気で変な小説でした……おじさんはペン、文学、その存在は文章と等価値であり、文章を綴らねば現れぬものであり。うーん、意味が分からない! のだけれど、読んでいて確かに面白いし、のーみその何処かが刺激されまくる。
 意味全部が通る人には、さらに物凄く面白いのだろうなあ……。
 表題作は、最後まで読んでみて、一応オチ(?)のある物語の形式をなぞってあったことに、逆に驚いたりしました。誤算というか違和感というか。同時収録作も、ちょっとしたサービスが。さらに驚いたりしましてよ。ええ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1655-2e80e7ea
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。