--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.03

話題作ですよっていう

 定番は押さえておきましょうかね、というくらいの気持ちで。

◆amazon link

人質の朗読会
 設定というか物語の前提にびっくり。人質が語ったエピソード群である、ということは知っていたけれど、序章で全員が死亡済と明かされているとは思わなかった。
 オムニバスとしては流石の面白さだったけれど、ずっとまとわりつく死の影が重い。全然関係のない過去の思い出を書き綴ったもの、ということだけれど、意識すればやはり意識してしまうし。しかし、人質となった多様な世代の人が書いた、という設定だけれど、書き手ごとの文章の個性はこれ、あえて出していないのか。
 出色はやはり「九人目」による最終章。これにより、救いめいた感慨を抱かせて、物語は終わる。ただ、あまりにも高みからの風景になってしまうため、より辛く感じてしまう可能性もある。かもしれない。

◆amazon link

謎解きはディナーのあとで 2
 前作同様、お気軽お手軽、楽しく読みましてよ。
 お嬢様、執事、ともに若干互いへのデレ度が上がっている(ように見える)のは、吉と出るか凶と出るか。
 バカミスの系譜のユーモアミステリとして、割と貴重なポジションに居るシリーズ。
 相変わらずあまぞんさんのレビューでは散々に書かれていて、気の毒。自分の中の予断や定義に填まらないからと云って、癇癪を起こしている人のなんと多いことか。
 あんまりめくじらを立てずに、素直に気楽に読めば、ひととき軽やかな時間を持てる本であることは確実でございますよ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1660-f239de80
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。