--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.27

BD「境界線上のホライゾン」初回限定版3巻

 2月発売BDの購入報告、ラスト。
 なんだかんだで満足度の高い作品たち。で、やっぱりBD買うに至るには、本編だけじゃなくて、特典の充実度が重要なんだよね。なにしろTVで見て、録画してあるもんね。
 ……ほんと、なんで買ってるんだ?(ふと我に返る瞬間)



 今回は奇数巻につき、特典小説つき。
 特典小説ですが、実は第1巻付属の一冊目も、まだ読んでいなかったりします。
 先日、電車の中で読もうと思って開いたら、ものすごくえろえろなイラストがバァーンとぉ!目に飛び込んできて、慌てて閉じたりもしましたがわたしはびょうきです頭の。

 とりあえず、ネイトかわいいよひんにゅうだよネイト。ジャケを飾るは浅間智。きりりかわいいよでも怖いよズドン巫女。



 中身。裏側の端っこには、こっそりハナミが居ます。ハナミ可愛すぎるだろう。走狗欲しいなあ。

 映像特典は生勉強会その2、ノンクレジットED(「Stardust Melodia」のほう)、キャラクター紹介。だいぶ淋しくなってしまった。と言っても、そこそこ多いとは思いますが。
 生勉強会は見なくてもいいかなって。出演されている声優さんが好きなら、見てもいいかなって。そんな感じです。

 付属のCDも聴いていなかったり……うん。なんとなく。キャラソンもあまり好きではないので。すいませんなんか。すいません。

 だってわたくしの目当ては音声特典、キャラクターコメンタリだものー!
 今回は第五話。面子は賢姉、浅間、ネイトという、いわゆるひとつの「きみとあさまで」な組み合わせ。この組み合わせって「トーリだいすきトリオ」でもある、というのがわりとポイント。なのか?
 オールナイトイベントで斎藤千和さんが語っていたアテレコ部分、素晴らしかったです。ああ、これかぁ、これなのかぁ、と。
 いつもの通り細々とした描写の解説も充実で(最後の爆発が何段階にも渡っているのとか、うっかり目を滑らせて気づいてなかったよ)ネタも大量、ほんと楽しかった。トーリ好き好きトリオなのも嬉しかった。

 キャラコメのためにだけ、初回限定版を買い続ける。多分きっと。後悔はしない。そう信じてる。うん。
 しかし、しょうがないんだけど女子率が高すぎで、聞いていて声が混じっちゃうことが多々あるのだけは難点。男性キャラ……というか男性声優も入れましょうよう。活躍シーンが少なくて難しいかもだけど、シロジロとかさぁ。宗茂とかさぁ。
 個人的には全巻にトーリさんが出ていてくれてもまったく問題ないですけどね。ええ。

◆amazon link
  
境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 1 (初回限定版) [Blu-ray]
境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 2 (初回限定版) [Blu-ray]
境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 3 (初回限定版) [Blu-ray]
 全巻並んだら、さぞかし美しいことでしょう。しかし女性キャラばっかりだな。4巻はネイト、5巻は喜美。そうすると、6巻に本多二代でしょうか。最終7巻には、トーリが来て欲しいけどな。期待……うううん、期待はしないでおこう。せめて全員集合とか。ねぇ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1679-6e7af0b2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。