--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.01

はまりんぐ

 購入・読了いたしました。

◆amazon link

UN-GO 因果論 (ハヤカワ文庫JA)

 裏表紙には由子と過去の新十郎がいます。

 ハヤカワ文庫のトールサイズ。普段、本を買いつけない人が多かったのか、「なんで普通の文庫よりちょっとでかいんだよ半端なサイズだな」とか「なんで上のとこギザギザなんだよ手抜きか乱丁か」とか、なかなか微笑ましい反応を目にしたりしましたが。どうでもいいですねすいません。

 内容は、映画『因果論』のノベライズに加え、さらにその前日譚である完全書き下ろしエピソードの短編『日本人街の殺人』を収録。サービス満点であります。

 読了して。『日本人街の殺人』は、サービスのみならず、きっちり『因果論』に繋げてありました。基本のUN-GOのスタイルを踏襲して、因果の質問も有り。苦いラストシーンも有り。
 舞台が海外ということで、独特の雰囲気を醸し出していて、これアニメで見たかったなぁと思ってしまうのは、まあしょうがない。

 そして『因果論』。新十郎の一人称視点による過去の「あの場面」を差し挟みつつ、本題である別天王会の事件が、様々なキャラクターに視点を置いた三人称で語られていく。
 アニメよりも細部の描写が増加し、各キャラクターによる内面の吐露の分量も多くなっており、もともとの思い入れも手伝って、非常に面白かったです。
 加えて、ストーリーの流れはより自然になっており(おそらく尺の問題でアニメではいろいろと取捨したのではないかと予想)、一冊完結ながらしっかりとした密度を保っています。

 しかし、これを読んだからと言ってアニメ版が物足りなくなるわけではなく、ちゃんと別個の作品として、バリエーションとして、とても楽しめるあたりがいい。
 何よりも新十郎の感情の変遷、心の奥底に隠す想いの数々が、実に無器用で優しくて、うっかり惚れますよ。
 他のメインキャラクター達も、いい味出しすぎ。由子の眩しいばかりのヒロインっぷりとか、因果の捻くれつつどこか愛嬌のあるふるまいとか、梨江のイノセントなお嬢様っぷりとか。速水の秘めた野望やら、海勝の腹黒さやら……キリがない。

 アニメ版からちょっと捻った決着も、お見事。エピローグに至るまで、楽しく読みました。

 正直、文章については、いかにも「脚本家が書いたノベライズ小説」であり、また推敲の時間が足りていない雰囲気もしますけれど。
 話そのものが面白かったので、満足であります。はい。

 次は、コミカライズかな。脚本集の発売予定もあるし、意外にグッズが充実してきて嬉しい。
 2月下旬は自分的(いや作品的にも)UN-GOふぃーばー週間でした。BD2巻、サントラ、小説版に加えて、アニメスタイルでの特集とかも。
 アニメスタイル購入しましたよ。辻真先との対談なんて、見逃すわけにはいかない!

◆amazon link
月刊アニメスタイル 第6号 (ねんどろいどぷちめんま付属)
 なぜか画像がねんぷちめんまのみだったので、テキストリンクで。本誌の画像貼れよあまぞん!いや、ねんぷちが本体なのか実は……?
 ノイタミナ特集ということですが、とにかく「あの花」が大きく取り上げられていて、余程好きでないと胸焼けがするレベル。

 UN-GOの記事は12ページ。イントロダクションが2ページ、対談が10ページ。
 辻真先との対談は、アニメについて、安吾について、ミステリについて、そしてもちろん「UN-GO」について、熱を込めて語っており、読み応えがありました。ページ占有比率に対してお値段がけっこう張りますが、一読の価値はあるかと。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1682-f79ae420
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。