--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.12

さらさらと

 気軽に手軽に読めるものを。

◆amazon link
 
さよならの次にくる <卒業式編> (創元推理文庫)
さよならの次にくる<新学期編> (創元推理文庫)
 シリーズ一作目と同じく、気楽に読める青春ミステリ。今度は連作短編集の体裁を取っていて、さらに読みやすく。
 探偵役を務めていた先輩キャラが卒業したことには少々びっくり。学園ミステリなのに、探偵は学園の外、ワトソン役は学生のままって。珍しい、面白い趣向ではある。
 で、さくさく読んでいったら、思いがけずレギュラーキャラクターの重い話になって、少々びっくり。これは良い意味で予想外でした。あとワトソン役の少年の不遇っぷりには、思わず乾いた笑いを。ここまで恥かいて、傷つけられて、見返り何も無しでいいのか。いつか報われていただきたい……。
 全体に楽しいのだけれど、時々倫理的に首を傾げる描写があるのが気になった。自転車で急ぐ主人公が「信号無視を駆使して」とか言うのは、どうなん。自転車のマナーについて取り沙汰されることの多い昨今、引っかかるよね。他にもまあ、いろいろと。気にしすぎなのかもしれないけれど。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1691-50ef8d59
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。