--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.13

作品よりも人に

 受賞作と候補作。今回分、六冊中四冊読み終わり。

◆amazon link

蜩ノ記
 直木賞受賞作、ということで。同じく時代小説の候補作だった『城を噛ませた男』より、だいぶ読みやすかった。冒頭と設定の引きが強いからかも。
 家譜編纂を終えたのちに切腹することが定まっていながら、心静かに暮らす男。というキャラクターのが、なんとも魅力的で。語り手役の若侍も好感度高く、物語の引っ張る力も強く、謎解きの要素もあり、面白うございました。
 しかしレビューその他諸々を見ると、この作品よりも過去の別作品を強く推す人がやたら多いという……直木賞はほんと、作品じゃなく人(実績)に与える賞になってしまっているのが困りもの。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1692-6241511b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。