--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.20

楽しみにしていた

 コミックスの続きが出ると嬉しい。んだけど、次はまた一年くらい先かーと思うと、なかなか気が遠くなる。

◆amazon link

ワールドエンブリオ 9 (ヤングキングコミックス)
 もう9巻か、という。クロノクルセイドよりだいぶん長くなったよね、と。何しろ刊行ペースが遅くて、前に出た巻の話を忘れちゃうよなー読み返したいけどそれも面倒くさいよなーと思いながら手に取ったら、ちょうど過去回想(ともちょっと違うけれど)が終わり、実質新章スタートだったので、すんなりと入れました。
 そして、すごく、面白かった……あれっいやいや面白い作品なのは分かっていたんですが、これまで張り巡らされた伏線や下積みのエピソードがどんどん拾われて開花していく段階に差し掛かっていて、読んでいてカタルシスが半端ないという。それでいて新登場のキャラも魅力的で、且つ……うん。
 ラストシーンの引きも物凄いことになっていて、いやあ読み応えありました。面白かった続き早く早くー。

◆amazon link

ねじまきカギュー 4 (ヤングジャンプコミックス)
 カギューちゃんは相変わらずちょう可愛いんですが、表紙となっている新登場キャラの窈ちゃんもちょうかわいいです。そりゃこんな可愛い子が女の子のはずないです。えっ。えっ。
 風紀委員長との対決が終了して、新章突入。新キャラ登場。しかし、ありがちな「あー、また新しいキャラ出して話を作るのかー同じパターンかー」という感覚はまったく無くて、むしろ、えええええ何この新キャラ面白い可愛い怖い変態!とか、そういうのが基本となりつつあり。
 この狂気と純愛、変態と清純のすさまじいせめぎあい、そしてハッタリききまくったアクションシーンは、ほんと癖になるなあ。
 なんというか、いまどき珍しい、ページをめくるのに度胸が必要なマンガなんですよ。次のページで何が起こっているか分からない。分からなくて怖い。そんなマンガ。不意打ちされるのが怖い。でも楽しみ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1698-3a44036a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。