--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.24

BD「UN-GO」初回限定版3巻

 3巻でございます。先月は到着が遅れましたが、今月はきちんと発売日に届いてくれて嬉しい嬉しい。それが普通であって欲しい。



 今回のジャケットイラストは高河ゆん担当で、梨江。正直、モニタ上で見た時はいまひとつだなあと思っていたのですが、現物を手にしてみたら実に美しくて、すいませんでした土下座状態。
 繊細な塗りもさることながら、それの印刷での再現が凄く良い……んじゃないかな。あまり詳しくないですけれど。表面加工とあいまって、なかなかの高級感があります。

 ジャケット裏の超短編は今回も楽しゅうございました。酷さは若干控えめ、でも調子に乗ってるよな!という。ええ。
 良質の二次創作ショートショートとして、楽しく読みました。いくらでも読みたいわーこういうのー。



 メニュー画面。映像特典は恒例の因果日記(第五回・第六回)、人物相関図(静止画)、虎山レポート(静止画)、次回予告に加えて、勝地涼インタビュー(10分)と豊崎愛生インタビュー(17分)。なかなか面白うございました。

 そうそう、メニュー画面。写真では少々見辛いと思いますが、ちゃんと第7話のところに(虎山レポート?)と書かれています。芸が細かいよ素敵だよ。

 特典CDは、すっかりお馴染みとなったいつものメタメタにメタなネタ連発のオーディオ・ドラマ。
 今回は新十郎@勝地涼と風守@松本まりかの参戦で、これまでの2本とはまた更なるカオス。というかディケイドネタとか知らん……よ……ちょっと個人的には分かりにくいネタが多かった印象でした。まあ、普通に聞いて「これはひどい」と思いつつニタニタ笑うにはじゅうぶんですけれども。
 内容は、基本的にファミレスでぐだぐだとダベっているだけで、本気でストーリーをやることを放棄しています。ええ。メタな雑談してるだけです。ええ。
 キャラクターのイメージは素晴らしく粉々に打ち砕かれるので、聞く時にはなかなかの覚悟が必要です。ええ。

 ともあれ、満足の内容でございました。
 本編が凄くキリの良い三話区切りで入っているのも、気分が良いんだよなあ。今回は第8話「楽園の王」まで収録。

 残るはあと1巻。そして、「因果論」。
 とてもとても楽しみです。

◆amazon link
 
UN-GO 第4巻 初回限定生産版Blu-ray
UN-GO episode:0 因果論 初回限定生産版Blu-ray
 第4巻も高河ゆん画、大人因果。そして、因果論のジャケットイラストは再びpakoが担当。因果論のアウターは黒になるとか、なにそれかっこいい。素晴らしい。待望の監督&脚本家によるオーディオコメンタリを筆頭に、特典各種も充実の内容で、届くのが楽しみすぎです。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1703-87540ec5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。