--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.11

濫読乱読

 目についたものを、片っ端から。
 途中まで読んでいた作品も、再度追いかけ直したいところ、なんだけど。

◆amazon link

放課後カルテ(1) (BE LOVE KC)
 メガネ+性格悪+医者、それも小学校の校医とか、なにそれストライクゾーンたいへんごちそうさまでした。話そのものは、実に真面目で誠実な、小学校を舞台とした医療ドラマ(ってなんか凄いな)。いろんな病気や問題を抱えた子どもたちを一話ひとりずつ取り上げていく作りで、そのわりに重くなりすぎず、しかし軽薄にはならず、とても読みやすい。
 ただ、あとがきを見ると、編集主導で開始した作品らしいのが、ちょっと気になる。BE LOVEってそういう作品が多い気がする。ちはやふるもそうだし。それって、どうなんだろう。

◆amazon link

25時のバカンス 市川春子作品集(2) (アフタヌーンKC)
 二冊目のコミックス。一冊目もたいがいアクが強かったけれど、さらに濃密に、人を選ぶものになっていて、びっくり。小さくまとまる気が無いという点は、好感度高く。ただ、アフタヌーンにしても、これはちょっと独善的すぎるのではないかしら……どっちかというと、良くも悪くも、もっとマイナーで作家性の強い雑誌に掲載されていそうな。
 とにかく読みづらいストーリー運び、コマ運びはそのままで、観念的な要素もそのままで、グロテスクさは増しつつも基本的にハッピーエンド(多分)に持っていくようになっている、という、アンバランスさが危うい印象。大丈夫なのかな。いろんな意味で。

◆amazon link

王子様と灰色の日々(1) (KCx ARIA)
 表紙が素敵で、手に取ってみた。ら、本編は、だいぶラフな絵柄……ううむ。若干期待したものとは違った。話の内容は、なにやらどんよりした入れ替え男装シンデレラ(?)もの。ヒロインが駄目人間な父と暮らす壮絶貧乏の地味子というのが、いまどき珍しい。冒頭で援交詐欺やってなかったらな。もう少し好きになれたのにな。
 ところで初の少女マンガですとか言ってる作者、BLは少女マンガカテゴリと認識していないのか……そうなのか……そして、だったら何故、BL要素を入れちゃいますか……。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1718-a6b13af3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。