--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.22

天狼星

 どんだけシリウスが好きなんだろうっていうラインナップ。まあでも古株連載だし。本誌はいまは読んでないです。シリウス父さん、元気かな……。

◆amazon link

まじもじるるも 魔界編(2) (シリウスKC)
 感想書いたつもりで書いてなかった……魔界編、2巻。シバキ表紙って、さりげに快挙ですよずっとおにゃのこだったもの。
 相変わらず、ゆるゆるいエロコメを交えつつも、メインストーリーはけっこうハードに展開中。シバキの事情が明らかになり、またその後も男気を見せるシーンがたくさんあって、たいへん美味しゅうございました。つうか腕切断とか痛い痛いよ自分の肉体じゃなくてもさ!
 思ったより早く舞台は人間界に戻りましたが、さらなる試練もありそうで。楽しみ怖い。うむ。

◆amazon link

ゆうやみ特攻隊(9) (シリウスKC)
 9巻。次で二桁かぁ。だいぶ長く続いていますが、そろそろ反撃も本格化。なんだかんだでそれなりに敵は減ってきているし。
でもって今回はなんといっても辻くん覚醒。いいですねぇ。怒りではなく、悲しみでもなく、ただ人々の無念の業を背負い、というのがまた、この作品らしい独自色。しかし辻くんもまた鉄一族に連なるものであるという因縁に、どうやって立ち向かうのか。難題だなあ。
 隊長無双は毎度ごちそうさまです、柱の女性達の反撃、執事かっこいいよ執事、その他もろもろ見どころの多い巻でありました。

◆amazon link

将国のアルタイル(10) (シリウスKC)
 二桁巻突入。毎回、前巻までを読み返してから読みたいなぁと思いつつ、実行に移せない、そんな作品のひとつなのですが、いよいよ大戦前夜の雰囲気になっていることで、これまでの流れを覚えてなくても読みやすかったり。
 今回の見どころはフローレンス共和国のちょういろっぽい大統領カテリーナ。見た目、政治的手腕、そしてスレイマン先輩との関係性の艶っぽさ。ずるいくらいおいしいポジションにいて、なおかつ、魅力的。たまに出てくる女性キャラは、すごく注力されるような気がするこの作品。
 ラストには各国首脳の演出がフラッシュのように入ったりして、いやでも盛り上がる。気がつけば大河連載。心ゆくまで描ききって欲しい。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1731-c21510ee
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。