--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.07

冒険しない

 鉄板×2。

◆amazon link

誰かが足りない
 宮下奈都は二冊目。読んだら確実に、ある一定以上に面白いことは分かっているので、急いで読まずにゆったり構えているというか、なんというか。
 連作短編集。レストラン「ハライ」を舞台にして、というより、レストランに予約を入れるに至るまでのシチュエーションを集めたお話たち。いずれも、それなりにドラマチックだけど、格別にドラマチックではない、ささやかなエピソード。けれど、どこかしら心に沁みる、「ふつうの人々」の小さなドラマ。
 個人的に感心したのは、こういう連作だと、一本読んで次に取り掛かる時に、面倒くさくなることがままあるのに、この本ではそういう気持ちがいっさい起こらなかった。次はどんな人か、どんなエピソードか。ただページをめくる楽しみだけがある。良いなあ、やっぱり。

◆amazon link

金色の獣、彼方に向かう
 久しぶりに読んだ恒川光太郎。タイトルがとにかく良いなあ。『竜が最後に帰る場所』にちょっと通じる。
 短編を四本収録。舞台となる場所や、匂わせる「サンカ」の存在、「鼬めいた生き物」の登場という共通項はあるものの、基本的には独立して読める。ただ、同じ世界をバックボーンにしている、と感じ取れるのみ。その、ゆるやかなつながりかたが、逆に心地よかった。
 一作目の「異神千夜」は、いつもの幻想文学ノリだけではなく、元寇という歴史を編みこんで書かれているのが新鮮で、刺激的。歴史小説を書いても、物凄く面白いものを読ませてくれるんじゃないかな。という期待を抱いてしまう。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1744-4ee225c8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。