--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.11

若干の

 積み消化。

◆amazon link

花曇り (講談社文庫)
 短編集。というか、短編+ショートショートが、よい具合にまぜこぜされていて、面白い読み心地の一冊でした。ミステリであったり、ミステリ風味であったり、という話がほとんどだけれど、そのいずれでもない(ちょっとした仕掛けはあるけれど)囲碁小説である表題作「花曇り」が、個人的には一番面白かった。人生のあわい、流転。巡る因果。そういったものが、じわりと沁み込んでくる作品。

◆amazon link

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)
 久しぶりに東野圭吾。わりと初期の作品なので、軽めというか、最近多い人情もの風味よりも「推理小説」らしくロジックが強め。まあ、題名に「殺人事件」とついていたら、そうでなくっちゃね。
 ある状況下に閉じ込められた山荘。そこで起こる殺人事件。端を発するは、それに先んじての不審死。登場人物の誰もが誰もを疑う、という筋立てにふさわしく。
 ちなみに、折原一の解説がなかなか熱いんだけど、先に読むと若干ネタバレになってしまうので注意。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1748-ae99c26e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。