--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.14

だらだら

 軽く読めそうなものを、二連続で。

◆amazon link

京のほたる火 京都犯科帳 (講談社文庫)
 京都犯科帳、という名前の通り、京都を舞台に、罪に手を染めた人を描く短編集。作品ごとのつながりは、テーマ以外には無し。あとがきで触れられているけれど、捕物帖ではなく、犯科帳。主人公は基本的にみな罪人、あるいは犯罪に近くあった人物で、やむにやまれぬ理由で堕ちていってしまう様子が、落ち着いた語り口で叙情的に描かれる。
 全体にやるせない話が多いけれど、後味は悪くない。なかでも「送り火」が気に入り。お菓子美味しそうだし、結末での主人公の割り切りが小気味良くて。

◆amazon link

舟を編む
 本屋大賞受賞作。三浦しをんって初めて読む。帯のイラストを見ずに読んだので、イメージを固定されずに済んで、ちょっとラッキーだった。いやイラストはイラストで心ときめく絵ではあるんですが、ラノベでもないのにイラストイメージが先行しちゃうのは、最近ちょっと、どうも、いまいち(煮え切らない)……年を取ったってことですかね。
 国語辞書編纂に奮闘する編集者と周辺の人々、ということで、面白かろうなぁと期待して読んで実際面白かった。けれど、もっと書き込めるだろう、オイシイ部分だろうと思うところを、わりとあっさり流されているので、肩透かし感があるというか。若干の消化不良感。ラストのエピソードも、ちょっと、お約束にすぎる……面白かったことは面白かったんだけど、いろいろともったいないなあ。という。この三倍くらいの分量で読みたかった。

この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1750-b7af64a8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。