--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.17

手を出す

 話題作とかに。

◆amazon link
 
恋と軍艦(1) (講談社コミックスなかよし)
恋と軍艦(2) (講談社コミックスなかよし)
 西炯子がなかよしで描くって。絵柄も合わせたのか目デカ少女がヒロインで、違和感が……と思ったけれど、読みすすめてみれば、西炯子は西炯子でした。41歳の町長に惚れる純朴中学生女子とか、どうみてもほもっぷるですほんとうに(以下略)とか、いろいろと。掲載誌含めて、いろいろとチャレンジング。1巻はまだ手探り感が強いけれど、2巻になって、主人公の葛藤やら純情中学生な恋心錯綜やら町の派閥の争いやら、ぐぐっと煮詰まって面白く。このヘンなバランスのまま、どこまでも貫いていただきたい。うん。

◆amazon link

ボールルームへようこそ(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
 巷で話題のスポ根もの。王道な出だし、王道な主人公、王道なライバル、可愛いヒロイン。これだけ取り出してもスポ根としては実に高品質だけれど、競技が社交ダンスということで、新鮮さに満ちている。そこが魅力。作者自身も社交ダンス経験者のようで、思い入れもありそう、豆知識もたっぷり。うーん楽しい。絵も、新人らしく瑞々しくもしっかりした技術があり、素晴らしい。
 ひとつだけ気になるのは、キャラクターの枝葉の描写が、若干ステロすぎるところ。主人公は主人公としての才能のカリスマ、ヒロインは絵的な可愛さ、だけで保たせている感じも、しないでもなく。ライバルキャラは魅力的だけれど、ちょっと与えられた属性が取っ散らかっている感があったり。まあ、まだ1巻だし、掘り下げられて行くであろう続きに期待。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1753-ebb1a525
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。