--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.02

「地上最大の手塚治虫」展in世田谷文学館

 招待券を貰ったので無料で入れる!と、うきうき行ってみたのですが、なんと当日は無料開放日だったという。混雑!混雑!俺様プギャー!
 ……がっかりだよ!

 いずれにせよ展示自体はたいへん面白く、見ごたえのあるものでしたけれど。
 それに、混雑はしていましたが、冷やかしで入ったらしい人も普通にまじまじと展示に見入っていて、雰囲気そのものはとても良かったです。さすが。

 :「地上最大の手塚治虫」展(世田谷文学館公式サイト)

 7月1日までの開催。けっこう長い会期。

 会場内は原則写真撮影禁止でしたが、等身(?)大の人形がいくつか置いてあって、そこだけは撮影OKでありました。
 一緒に撮ってね!ってことなのでしょうけれど、やっぱりこう、照れというものがですね……。



 なので、ピンで撮影。ブラックジャックさん。かっけぇよ……無駄にかっけぇよ……。

 入ると、まずは関連資料。年表やら、小学校三年生の時に初めて描いたというノート漫画の展示やら。
 メインは原画の展示ですが、さまざまな切り口で、見ていて飽きない。作品単位はもちろん、作品傾向や、スターシステムの解説を交えたものや。
 でもって、解説とは別に何やら一言ツッコミがPOP的に貼られていて、ツボに入りまくりました。あれ書いた人を問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。会場でぶほぶほ笑ってはづかしかったんだからね!

 そういうのも含めて、とにかく原画も企画展示も、見ごたえありまくりでした。
 しかしあれですね。漫画の原画展示って、続きが気になったりするのが困る。読みたくなって困る。
 展示の最後に、全集を置いた読書スペースがあるのが、なんというか素晴らしい配慮。みなさん熟読してらしたわよ。

 自分お土産はポストカード。わたくし展覧会とかそういうのに行くと、記念にポストカードを買うことが多いです。



 楽しゅうございました。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1761-19c589b4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。