--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.27

今月最後の読了本

 滑り込み。

◆amazon link

にわか大根―猿若町捕物帳 (光文社時代小説文庫)
 シリーズ三冊目。前二冊とは趣が変わって、連作短編集の体裁となっています。ただし、通して読めば、ひとつながりのエピソードの仕込みもあり、いわゆる一粒で二度美味しい系。主な登場人物の配置はほぼ変わりなく、慣れ親しんだ雰囲気で、安心して読めました。
 八十吉の妻、おしげが、ようやっと名前だけじゃなく出てきたのが嬉しい。といってもワンシーンのみだけれど、うん、いいよねこういう奥さん。理想化されすぎていない、「うちのかかあ」って感じの奥さん。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1780-bf031b28
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。