--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.01

目についたものを

 適当に読む、といういつものパターン。

◆amazon link
 
氷上のセイリオス(1) (モーニング KC)
氷上のセイリオス(2) (モーニング KC)
 レアなような、そうでもないような、男子フィギュアスケートもの。1巻・2巻同時発売だそうで。
登場人物の全員が変わり者、といった触れ込みがついていたけれど、確かに変わっている……というより、行動が奇矯。ただ、それを愛せるかどうかは、また別の問題だよねっていう。
 キャラクターの言動を抜きにすれば、スポーツものとしては人物設定も物語の端緒もわりと王道で、目新しさは無いものの、それだけ安心して読めるし、この先にあると予想されるカタルシスあふれる展開が楽しみ、という気持ちにもなれる。
 とりあえず、5巻以上出てから、まとめて読みたい。そういうポジションでもあります。

◆amazon link
 
ばけものくらぶ(1) (KCx(ARIA))
ばけものくらぶ(2) <完> (KCx(ARIA))
 全2巻、完結。この原作者の小説作品って読んだことがないので、こういう触れ方をして良いものか若干迷ったり迷わなかったり。
 この作品自体は、とてもオーソドックスなゆるい妖怪もの少女マンガでありました。設定もお話もキャラも、かわいいゆるい作りで、ほんわかしつつスパイス程度にシリアスな話も。という。基本設定はだいぶおいしく作ってあって、定番ネタながら個人的に好みの部分もありました。
 しかしこれ、ARIAより、なかよしあたりに掲載した方がよかったんじゃないかしら。雰囲気的に。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1783-8a0e90c8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。