--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.04

もういいや

 一冊ずつ更新したっていいじゃない。にんげn

◆amazon link

さよならファントム (講談社ノベルス)
 久々に読みましたクロケン。なんだかんだで読んでみればある一定ラインに面白い、けれど時に脱力してしまう可能性も否めない。それがクロケンクオリティっていうか新本格クオリティなのかもしれない……。
 作者いわく、死神が出るけどホラーじゃない、ぬいぐるみが喋るけどファンタジーじゃない。まあ、先に(カバー見返しで)そう言われると、お話のだいたいの方向性はわかってしまうのですが、主人公とともに煙に巻かれることを楽しみながら読みました。
 ラストのどんでん返しは、予感めいたものはありつつも、どこか奇妙な優しさがあって救いに。多少強引な部分もあるけれど、着地が気持ちよかったので、すべてよし。そんな感じでありました。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1785-1b5613fa
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。