--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.05

最近というか

 ずっと前から記事タイトルと最初の一言がわりと苦痛なんですが。なくしちゃおうか。なくしてもいいかな?

◆amazon link

地獄のアリス 3 (愛蔵版コミックス)
 荒廃した世界で荒廃した精神の人物たちが跋扈する、なのにどこかしらユーモラス……というか悲喜劇と哀れさとの混合物のような雰囲気は相変わらず。今回は後半がシュウの過去編ですが、これがもう実に厭らしくて最高に気分が悪い。のだけれど、やっぱりどこか面白さと哀しさとが同居している。
 読み終えて、悪い意味じゃなくて「雰囲気漫画」だよな、と、しみじみと思った。物語の行く末、登場人物の行く末なんて気にならない、というより気にしたくない。けれど、この雰囲気にどっぷり浸って、なんて面白い漫画なんだ。と思いつつ読む。個人的に、そんなスタンスの作品。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1786-9e78669f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。