--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.09

かと思えば

 発売、即、読むものもあるよね。

◆amazon link

軍靴のバルツァー 3 (バンチコミックス)
 やあ面白すぎて困っちゃうよ!どうしよう!前巻の引きがたいへんしんどいものだったのでどうなるかと思いましたが、暴動鎮圧、真正面から描いてくれました。人的被害もきっちりと。学生だから死なないなんてことはない。市民だから死なないなんてこともない。
 それにしても、常に軍人としての価値観、倫理観で合理的な判断を下していき、個人への情はほぼ描かれることのないバルツァーが、どうしてこう憎めないというか愛すべき人物に見えるんだろう。人間くささの表現の上手さが半端ないってことかなあ。冷静であっても、冷徹じゃない。そこが重要なのかも。
 そんなバルツァーに、しかし、難題が突きつけられて終わった3巻。ここから話がどう転がるのか、本当に気になる。興味深い、という意味で気になる物語。貴重です。
 しかし巻末のおまけ、雑誌掲載時にはこんなええもんがおまけページとしてついてたのか……くそう。ちょっと良さそうな感じなんだよな、@バンチ。

◆amazon link

ツバキ(2) (シリウスKC)
 帯のネタバレっぷりったら……。あの事件がモデル、というかモチーフと明かされた時点で、いろいろと身構えて、というか心の準備が出来てしまうではないか。
 久しぶりの続巻は、相変わらずこの作者らしさに満ち溢れております。いや押切作品って全部そうだけど。個人的には「あの事件」なエピソードよりも、マヨイガを使っての後半部分の方が、業の深さを描きつつ、後味も悪くなく、主人公の成長話にもなっており……で気に入りです。マヨイガというテーマも元から好きだし。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1789-4c7e07e9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。