--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.18

映画『崖っぷちの男』

 久しぶりになんか映画が見たいなあと思い。TLで見かけたこの作品を。

 :映画『崖っぷちの男』公式サイト

 分類としては……クライムサスペンス?
 高層ホテルの窓に立ち、飛び降り自殺を示唆する主人公。しかしそれは、単なる自暴自棄による行為ではなくて、ある隠された計画があり……という。
 基本的に主人公はずっとホテルの窓に立ち続けており、並行して描かれるのが、弟とその恋人による、ホテルの向かい側にあるビルでの「計画」実行の様子。

 はったりをきかせればいくらでもきかせられそうな設定と筋立てなんですが、監督がドキュメンタリー出身の人だそうで、なんというかあらすじを見て想像するよりずっと地味……というとマイナスのニュアンスに聞こえるかも。
 地に足のついたリアリティがあるというか。

 派手な映像効果に頼ることなく、しかしサスペンスな雰囲気はじゅうぶん。そこに、弟と恋人のやりとりや、主人公と交渉人の女刑事のやりとりで、若干の和みも入れ込んで、緩急のつけかたが非常にハマっている感。

 お話そのものは極めて単純な構造だし、開始からしばらく経つとある程度エンディングまでの予想がついてしまうのだけれど、観客に対する情報の小出しの仕方が上手く、主人公サイドへの感情移入もし易くて、ついついのせられて見て、手に汗握ってしまう。
 ちょっと絵的に弱いのが災いしてか、最後の対決シーンは若干あっけなく感じてしまったけれど、気持ちよいオチもつけてくれて、楽しく観終わりました。

 傑作!というのではないけれど、秀作、佳作。なかなかに味がある。
 暑い日、いっときの涼を求めて入る映画館で気楽に見るには、最適の作品でございました。

 あ、パンフレットは600円でした。
 読み物として面白かったのはプロダクションノートくらいで、インタビューも内容なし対象人物少なしで、だいぶアレな感じでした。おすすめしません。
 私は個人的なポリシーで買いますけれど。買いましたけれど。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1795-a49a9cbf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。