--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.29

少年まんがたち

 つづきものたち。

◆amazon link

ボールルームへようこそ(2) (講談社コミックス月刊マガジン)
 1巻同様、とにかく絵が熱い。動き、表情、絵の魅力だけで痺れさせられる。反面、ストーリーの転がし方はどうにもぎこちないというか、なんでそういうルートを辿るん?と思わされることがしばしば。そういう意味で、1巻ラストの無駄な引きは、あまり好きになれない。登場人物の造形についても、主人公はじめ表現がブレブレで、一個の人格として好きになったり思い入れたりするのが難しい。
 まあ、そういうの全部差し引いてなお、絵の素晴らしさとダンスという題材の良さが勝って光っちゃう作品なんですけどね!マンガとしちゃ、正しいのかも。

◆amazon link

ドールズ フォークロア(2) (ライバルKC)
 なんとなく2巻も読んでみたよ。なんでってサブキャラにいいかんじのメガネ青年がいるからだよ。
 すがすがしく中二系な異能もの、暴力系ヒロインもあるよ。上記「ボールルーム」とは反対に、キャラクターとストーリーは一生懸命やってる感じなのだけれど、絵の説得力が追いついていかないのがもったいない、という。この手の少年向けバトルものにはありがちなことですが。キャラの表情の引き出しが増えるだけで、だいぶ違うだろうになあ。ライバルKCって、そのへんが作品によって凄い差があるんだよなあ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1806-ca3201ff
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。