--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.16

気楽に

 リプレイと、軽く読めるファンタジーと。

◆amazon link

アルシャードセイヴァーRPG リプレイ1 ブレイヴ・ニュー・ワールド (ファミ通文庫)
 アルシャードリプレイ。このへんにはもう手は出さないようにしようかな、と思っていたのだけれど、執筆者が田中天、かつPC1が(接待枠じゃない)男性ということで、これは読みたい!となり。付け加えて、社長の娘さんがとうとうプレイヤー参戦とか、こりゃ面白そうじゃないですかー。ですよー。
 版上げと同時発売のリプレイゆえ、ルールの解説が丁寧で、世界観の説明も分かりやすく。PCが個性的というか、アルシャードシリーズの世界を体現するキャラクター達を寄せ集めつつ、バラバラ感が無いのがさすが。
 でもって、正攻法、王道ストーリーでありつつ、退屈さを感じさせないのが、なにげに凄いと思いました。一般人だったPCが一度死んだ後に覚醒するとか、リプレイで何度も使われたシチュエーションなのに、他PCとの邂逅や、セッションルールを絡めていることにより、新鮮さ、わくわく感がちゃんと保たれている。面白うございました。続巻の予定も有りということで、楽しみ。

◆amazon link

ようこそ女たちの王国へ (ハヤカワ文庫SF)
 邦題が酷い作品であります。まあ、ハヤカワ文庫SFのレーベルを被ったラノベ、っぽく見えますがどっちかっていうと冒険活劇ラブロマンス要素ありあり。
 男性の出生率が極端に低く、ゆえに家庭において「財産」扱いされる男子。大量に生まれて十把一絡げ的に夫を共有する女性たち。
主人公の少年は婿入り前のお年頃、いろいろと悩み多く。そこにまあ、瓢箪から駒っぽく、王女様を助けちゃって、陰謀に巻き込まれて、という。
 助けた王女様と、最初に相思相愛になる王女様が別人ってとこでまず吹く。そうか、王女といえども夫共有のルールは同じだから……。つうかこの主人公は果たして幸せなのか、ハーレムなのか、奴隷ちっくなのか、微妙なところ。
 しかしぶっちゃけ男女逆転だから笑って読めるのであって、女性が少数という設定に置き換えて考えると、寒気がするってレベルじゃない世界設定。共有財産であり、社会的「超」弱者であり。なんかいろいろ考えさせられてしまった。いやまあ根幹は気楽に読める活劇ものですが。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1818-a63a05bb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。