--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.19

しょーねんし

 なんだかんだで読みやすく。さっくりさくさく読む読み。

◆amazon link
 
山田くんと7人の魔女(1) (講談社コミックス)
山田くんと7人の魔女(2) (講談社コミックス)
 前作と似たテンション、似たノリ、読みやすい少年マンガ。ラブコメ要素とケンカが程よくブレンドされた学園もの。週刊少年誌に一本か二本、こういう作品が載っていると、雑誌そのものの読みでが嵩増しされて、よい感じだな、と思います。そこにプラスアルファでキャラ萌えとかすることが出来れば、気に入りの作品にもなるだろうし。それにしても、7人の魔女と銘打ちつつ、まだ全然おにゃのこの数が足りていない……長期連載を見越しているんだな。

 
黒猫DANCE(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
黒猫DANCE(2) (講談社コミックス月刊マガジン)
 いささか食傷気味の新撰組、沖田総司もの。しかし絵がしっかりしていること、超然とした存在にするでなく元気で熱血な少年時代から描いていることで、読みでのあるものに。
 さらに、これは好みの分かれるところだけれど、どうもループとかタイムリープとか、そういうものをにおわせる仕込があって、好みの分かれるところ。個人的には、そういう方面からの切り込みも、決して悪くない(というか正統派はさすがに市場飽和すぎるし)と思います。伊庭八郎の扱いも面白いし、この先に期待。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1820-e3c64555
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。