--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.07.28

備忘録

ちょっと前に読んで特に気に入った本についても、ぼちぼちとメモを残していこうかと。


なぎとのどかの萌える不動産(1)
なぎとのどかの萌える不動産(2)
 タイトルと表紙の絵柄、そして作者の既存作品から(私は読んだことがないのですが)百合風味の萌え四コマか、と思わせて、しっかりとした連作短編のストーリーマンガなのであります。
 不動産屋を営む女性と、縁あってそこの従業員になった幼馴染の女性。若くて未熟な部分も多々ありつつ、少しばかり世間にもまれて傷ついた社会人の女性ふたりが主人公ということで、読んでいてせちがらさもあり、共感できる部分も多々あり。
 基本ストーリーは賃貸物件を紹介・仲介するお仕事マンガ。いろいろな物件、事例を眺めるのが楽しく、また、それぞれに事情を抱えつつ、家……ホームを探す人々の心の綾を眺めるのも楽しく。シリーズものとして、なかなか完成された楽しさがありました。
 加えて主人公ふたりの友情、隔てられた時間に起こった事件、という一本通った筋もあり。
 2冊だけで完結したのは少々もったいなく思ったけれど、すっきりすっぱり、短編として佳品でした。それはそれで。これはこれで。
 この先もしばしば読み返すだろうな、と思える作品です。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1835-423543d9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。