--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.07.30

The Show Must Go On


ファンタジウム(9) (モーニングKC)
 完結。
 途中で長期の休載を挟んだのは、作者のスランプがあったとか。マンガそのものではなく、この作品に対しての、かな。あまりにも美しく、楽しく、切なく、心に響く作品でありましたから。期待の大きさ、物語の持つポテンシャルの高さ。そういったものに対することに疲れてしまったのかもしれない。
 そのへんはまあ憶測でしかないので置いておくとして、若干急ぎ足の感はありつつも、収まるべきところに収まった……むしろ、羽ばたくべき場所に羽ばたいての完結でした。
 最後の最後まで、良のマジックは本当に美しかった。美しい夢をたくさん、見せてくれた。
 良と性格・性質はまるで違うのに、理解し合えない部分も多々あるのに、最初から最後まで共に歩き続けた、この先も歩き続けることを選択した北條という人物の人間くささもまた、この物語において得がたい、替えがたい魅力だった。
 ありがとう。
 私の中で、きっとこの先もずっと、大切な作品でありつづけます。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1836-b3975c51
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。