--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.08.23

少し前に読んだもの

 今になっても読書メモを残しておきたいと思う。それだけ気に入ったもの。


[まとめ買い] 満ちても欠けても
 取材から入る、ジャンルから入るマンガ。多いんだよなぁ。職業とか業界とか、まず素材を決めて、作者に取材させて、という企画先行もの。業界のことは良く知らんですけれど、漫画家自身の企画よりも、こういう編集主導の企画の方が、作品の絶対数として多かったりするのかしら。
 しかし、そこから素敵な出会い、素敵な作品が生まれることもある。
 ラジオを題材とした作品。ひとつの名物番組を軸に、そのスタッフ、リスナー、局内の職員等、オムニバス形式で話を広げていく。一篇一篇の独立性の強さ、完成度の高さが、とても読みやすい。反面、全編「いい人」しか出て来ない、理想的すぎる、という点においては、好みが分かれるかもしれない。
 けれど、このあたたかさを心地良く感じられたなら、大切にしたい一作になると思う。
 どの話も短編としてまとまっていて、最後には最終回とそれにまつわるカタルシスもあって、通して完成度は高いですが、中でも白眉は、野球実況のエピソードだと思います。何度読み返しても、にこにこ、にやにや、じんわり、しみじみ。泣けてしまう。あとがきによると、このエピソードの為に、実況アナウンサーに直接取材をし、隣に座って実況を聞くという贅沢な経験をなさったそうで、それが見事に結実しているな……と。
 プロの力量。底力。作品の内外に、それを感じられる。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1838-f3313dff
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。