--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.09.22

何年のお付き合いでしょうか

 確か「あ~る」のサンデー連載中からだから……(かぞえるのを やめた)。


白暮のクロニクル(6) (ビッグコミックス)

 ゆうきまさみの描く作品はだいたい好きで、それは激しい萌えではなく、じんわりと、しみじみと、月日を経ても付き合っていけるなぁという種類の「好き」で。
 ゆえに、前作の『鉄腕バーディー』は、完結してからまとめ読みしようと思っていたのですが。最後の最後、最終盤になって、展開を急ぎ過ぎた……打ち切りにも近い形になってしまった、という悲劇を知り、今後はちゃんと発売直後に買うことにしようと決意し、1巻から発売初週購入でお付き合いしております。
 一冊完結で、読みやすい、キリがいい、というのも多分にあるかな。
 毎巻のエピソードにはしっかりとけりをつけつつ、大きな一本の柱となるストーリーがある。とても好みの構造です。
 ミステリーとしての構造、体裁。オカルトとしての味わい、飾り付け。いずれにせよ核にあるのは、丁寧で上質な絵に基づく、人間ドラマ。
 作者のツイッターアカウントをフォローしていると、時事問題や世相に対する姿勢、考え方というものがある程度伝わってくるので、そのへんが作品内での描かれ方にも如実に反映されていることにニヤリとするのがまた、いまどきらしい愉しみ方であります。

 今回はメインストーリーの進展が大きく(毎回なにがしかは進展していますが、過去エピソードではなく作中の人物関係が現在進行形で「進んだ」のがとても前進感ある)、エピソードの完成度、サブキャラクターの魅力とも相俟って、読み終えてしばらく余韻に浸ってしまいました。
 ニヤニヤできる部分有り、ぞっとする部分有り、謎解きの楽しさ有り、伏線の技有り。一冊のコミックスから、これだけ与えて貰えるのは、本当に嬉しい。幸せ。贅沢。

 毎巻、エピソードの解決と次への引きが、一番最後の数ページにぎゅっと詰まっているのも凄いんだよなぁ。多分、雑誌連載ということもあって、最終話を一話読んだだけでも面白く感じるため、興味を繋ぐため、なのでしょうけれど。
 その分、余韻や後日談といったものが若干物足りなく思うこともありますが、そこは巻末四コマでカバー。されていると、とても落ち着きます。それが無かった前の巻は、やはり、少々淋しかったので。

 ともあれ、今回はきっちりと、納得のいく完結まで運ばれていったらいいなあ。
 という祈念をこめて。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1844-ebbf8fa7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。