--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.11.19

映画「エール!」

 フランス映画って久しぶり。

 映画「エール!」公式サイト

 家族全員が聾唖の中、ひとり聞こえる喋れる、ゆえに家族の支えとなっているヒロイン。でも依存とかそういうのではなくて、とても明るく、からっと、仲良しの家族。
 それが、ヒロインに歌の才能があると分かり、揺れ動いていく。家を出て本格的な歌の道に進むか否か、そして「聴こえない」家族ゆえに、葛藤と反対もまた、心の問題と身体の問題が絡み合って。

 っていう、もうこの設定だけでOKな感じ。
 そこにガツンと来るヒロインの歌、ユーモラスな家族の描写、スパイスとして音楽教師の個性的な言動、ほんのりときめきと幻滅を行ったり来たりする恋愛描写。
 見ていて自然とヒロインに入れ込み、家族に愛情を感じ、登場人物の全員を応援したくなる。
 ヒロイン役の女優さんがまたすごく可愛くて。ちょっとふくよか(婉曲)な農家の娘さん、でもしっかり者で、元気で明るく。どんどん可愛く見えてくる。
 歌のシーンはもちろん最高だけれど、親友と会話をするシーンが、なんだかすごく好き。この親友がまたいいキャラで、なにげに要所で重要な役回り、ヒロインに決断を促す役割も果たしているという。

 映像的には、主人公一家が酪農を営んでいて、牛の可愛さ、農場の風景の美しさがとても良かったです。フランスの田舎の農家、いいですねぇ美しいですねぇ。これ日本の農家だとどうしても薄暗い印象になっちゃうもんなぁ。気候風土とか家の構造とか、いろいろありますけれど。

 エンドロールの歌と、ちょっぴりのおまけがまた嬉しく楽しい(立ち上がりかけた人が座りなおすのを目撃)、最後まで気分の良い、素直に良い映画でした。
 観に行きたいと思いつつ観そびれそうだったところ、きっかけを貰って、観に行って。良かった。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1848-6f6895d2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。