--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.02.05

単発コミックス


天賀井さんは案外ふつう(1) (ガンガンコミックス)
 案外ふつう。ということは、ふつうじゃないことが予期される人物なわけで。どんなお話なのか、読んでみたら、ほんとに「ふつうじゃない」属性がてんこもり、しかし振る舞い自体は「案外ふつう」の女の子で、たいへん魅力的なヒロインでした。
 ストーリーもいろいろとてんこもり。裏表紙のあらすじを見ると「伝奇ミステリ、切ない兄妹愛とほのかな恋愛、どろどろとした一族の因習」といった話なのか?と思えるのですが、実際に読んでみたら、全体に陽性というか能天気というか、殺伐としつつ明るい雰囲気で、意表を突かれたなぁと。あとがきによると「日常系伝奇コメディ」だそうで。事前に読み取れなかったのが悔しい……。
 ところでこれ、個人的に「座敷牢に入れられた兄」というくだりに惹かれて、というか字面だけでなんか萌えて購入を決意したのですが(元から原作者の小説が好きということもあるけれど)、その兄のビジュアルの強烈さには、全身から力が抜けて崩れ落ちるってレベルじゃねーぞ!リアルに本を取り落としたぞ!……でした。


遠藤淑子作品集 ヨシツネ (バーズコミックス スピカコレクション)
 遠藤淑子の短編集。表題作の「ヨシツネ」は前後編、ほかすべて単発で完結の短編。しかしタイトルに冠したわりに、「ヨシツネ」は尻切れとんぼな感じで終わっていて、あれ?となってしまった。なんだろな。続きの構想はあるのか、あったのか。これが収録中の最新作というのも若干辛い。
 他の短編はしんみり感動系の短編、こちらもいつもの遠藤淑子。しかし個人的な好みの度合いでは絶対こっちだなぁ。いつもの、と言いつつ、巻末を飾る「手紙」は、構成と演出の積み重ねの妙があって、手をかけた短編だなぁと思いました。しみじみと面白かった。
 しかし絵にはどんどん手をかけなくなってるよなぁ。32ページの短編の中で同じ背景素材を四回も使うのはどうなの。ふと気がついて、以後気になってしょうがなくなってしまった……。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1855-a22f3bbd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。