--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.02.10

映画「オデッセイ」

 話題作であります。公開前から気になっていた作品であります。
 SFであります。宇宙であります。
 悪人の出ないお話であります。
 諦めない主人公であります。
 とても好物であります。

 公開直後に行きたいくらいの勢いでしたが、タイミングが合わずに、翌週のレディースデーに見てきました。見るのが遅れたせいで、ツイッターで感想ツイートが若干目に入ってしまい、先入観を植え付けられそうで苛々したりもしましたが。そんな心が狭いならさっさと見に行け自分。
 そもそも私がフォローしている人が、こういう映画、こういうジャンルを好みそうな人が多い、という問題もあります。問題じゃないけど。好きでフォローしているのだから。
 しかし公開直後の映画に対して、某バラエティ番組を引き合いに出して認識を広めようとするのには、本当に苛々させられた。なまじイメージが喚起されやすいだけに、それで固められてしまうのが怖くて。というか、実際に鑑賞していても思い出さずにはいられず、腹立たしかった。
 自分の知っている文脈でフレームを切り取ることの危うさは、いつだって意識していたい。対象を歪めてしまうことのないように。フラットに受け止められるように。

 愚痴はさておき。
 冒頭の火星の嵐がまず怖くて怖くて、その怖さが嬉しくも楽しかった。ここから始まる危機、苦難、それらを乗り越えていく様子を、今からじっくりと味わえるのだ、と。
 期待に違わず、展開していく物語。
 ひとつ予想を良い意味で裏切ってくれたのが、主人公のユーモア溢れる語り。記録媒体に向かって話しかけるって、これいいアイディアだよなぁ。
 後にきっとテレビ番組とかで流されまくるんだろうな、とか妄想してニヤニヤするのも楽しくて。

 救助されるまでの二転、三転を、上映時間的にまだここから何か事件があるんだろうな……トラブルが起こるんだろうな……ほら、起こった!といった感じで予想してしまえるのは、ストレートな筋書きゆえにしょうがないのですが、それらも捨て鉢な雰囲気になることはなく、むしろ新たなる障害へと立ち向かっていく主人公&スタッフの姿勢に心うたれる、という仕組み。

 個人的には、ヘルメス号内部でのクルーの描写がすごくツボで、悶絶レベルでございました。人物描写、会話のシーンもさることながら、「宇宙船の中で暮らしているクルー」の描かれかたが。ただ移動しているシーンを見るだけで楽しい。重力制御、船内エリアによる加重の違いなんかがさりげなく描かれるのが、SFマインドを刺激してくれます。
 船長が「コマンダー」って呼ばれるのも、小気味良い。格好良い。船長というより司令官なんだな。格好良い(大事なことなので)。

 ともあれ、ほんとに気分の良い映画でした。
 世界は、地球は、火星は、宇宙は、未来は、悪くないものかもしれない。そう思わせてくれる映画でした。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1856-87f47440
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。