--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.10.01

終了番組雑感

 秋ですねえ。十月ですねえ。
 番組改変期ですねえ。

 というわけで最終回まで追いかけたもの。

 ・ヒロイック・エイジ
 ・大江戸ロケット
 ・おおきく振りかぶって
 ・モノノ怪
 ・Darker than BLACK -黒の契約者-
 ・史上最強の弟子ケンイチ

 途中でHDDが飛ぶというトラブルがあったわりには、それなりの本数を観ていたなあと。

 ヒロイック・エイジ。キャラの言動がブレない&魅力的、キャスティングが地味にしっくり来ていて耳に心地よかったので、最後まで見続けた感じ。あとエンディングが素敵でした。
 お話そのものは難解というより説明に終始した箇所が頭に入りきらず、どうにも残念でしたが(理解できていたらもっと楽しめたんだろうなあと思うと)最終回まるまる一話を後日談に使ったことは嬉しい。そしてラストシーンの美しさ。様々に解釈することが出来るのもまた良し。

 大江戸ロケット。第一話のわけの分からなさはどうしようかと思った(笑)。しかしみなもと太郎のキャラが動く不可思議さが観続けたくて継続視聴していたら、毎回普通に「ああ、今週も楽しかったなあ」と思える作品に。メタなネタは大うけだったものもあり、微妙だったものもあり。それにつけても競作デザインによるキャラの魅力は大きかった。

 おおきく振りかぶって。原作の面白さをそのまま落とし込んだ佳作だったかと。ただ、声と動きによって、なんつーかいわゆるBL作品風味が数倍になっていたことが、観ていてむずがゆくてしょうがなかった。しかし、そんなことよりもむしろ野球アニメとしての秀逸さを語り継がれるべきだと思う。本物の高校野球の中継を見たあとのように、へっぽいブラスバンドの音と歓声が耳に残って離れませんよ。

 モノノ怪。スタイリッシュすぎる画面作りに翻弄されました。美しかったし、実験的なのは良いことですが。意欲作とは思う。けれど、ちょっとやりすぎた感じも。少なくともどっかのインタビューで見た「深夜にふと手を止めて見入る」作品にしたいなら、話そのものはごく分かりやすくしたほうがいいんじゃないかしら。これじゃあ「わけわかんねーよ」とチャンネル替えられてしまうんじゃないかしら。

 Darker than BLACK -黒の契約者-。黒がひたすら良かった。たらしかわいい+へたれ兄。そして声の艶。高水準を保った作画も、ただ綺麗なだけじゃなくメリハリの効いたアクションも入って見応えがあった。前後編構成はどうなのと最初は思ったけれど、エピソードごとの重みがより増していて良かったかなと。最終的に世界の謎の殆どは投げっぱなしなわけだけれど、そういう作り方もありと言えばありだ。

 史上最強の弟子ケンイチ。原作はとにかく絵が生理的に駄目でサンデー本誌では流し読みだったのが、アニメになって色と動きと声がついたらあら不思議、気持ち良く観られるものに。大御所レベルを揃えたキャスティングがまた彩りを添えて。アパチャイ@石丸博也はやりすぎってもんでしょう!でも幸せだった。あぱ~。美羽の川上とも子も可愛かったなあ。作画面でのヘタレ、引き伸ばしまくりの先週のおさらいなど、辛いところもあったが全体にとても楽しく観ることが出来た。あとハーミット。超ツンデレ。超堀川りょう。

 振り返れば今期もなかなか楽しんでいたのだなあと。
 あ、DTBの録画逃し補完してくれた某さん(伏せていない罠)には最大限の感謝を。ありがとうありがとうありがとう。

 そして秋番組の始まり。
 楽しみです。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/246-cc67c4bb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。